Youtube実践日記

【Youtube実践記】3日目 リサーチとデータを数値化する方法

こんにちは!NAOKIです。

今回もYoutube実践日記3日目を送ります。

 

今日で動画本数は10本までいきました。
そして視聴回数も500回を超えました。

 

芸能人の不倫報道があったので
すぐに動画を作成しアップしたところ
この動画だけで300回の視聴がありました。

 

やはり旬なネタは、しかもゲスい内容ほど
アクセスを集めるのも簡単なんだなと思いました。

 

しかしブログをやっていた時も同じですが、
芸能関係などの時事ネタは、
一時的なアクセスは集められるものの
直ぐに忘れられてしまうため
資産的な価値はほとんどありません。

 

しばらくはトレンド動画を作成し
チャンネルパワーがついた段階で一つのジャンルに
絞り込む、いわゆる特化型に移ろうかと考えています。

 

 

リサーチについて

今日も動画作成3本完了し、まだまだ時間があったので
他人の動画をリサーチすることにしました。

 

稼いでいるyoutuberが
みんな口をそろえて言うのが、

「チャンネルリサーチ」。

 

何をリサーチするのかというと

・例えば、急上昇にランクインされている動画を見て
タイトルやキーワードで何が当たったのか調べる。

・少ない動画本数でもチャンネル登録者が急増している
チャンネルを探し、その理由を考える。

・どんなジャンルの動画がアクセスを集められるのか調べる。

 

という事です。

目に留まったチャンネルがあれば
データも取ります。

 

データの取り方も様々ありますが
私がやったのは、登録者割合で

「視聴回数÷登録者数」

で計算します。
これである程度そのチャンネルの強さが分かります。

 

で、数字の目安はというと

 

動画のジャンルによって基準となる数値は違いますが
トレンド動画であれば1000前後が一般的。
300~500くらいは、かなり優良なチャンネル、ジャンルと
判断できます。

 

これを指標にして
とにかくチャンネルを探しまくることを
目標の一つにしました。

 

見つけたチャンネルはすぐに登録。

 

ただ、やってみるとなかなか見つけるのは
苦労します。

 

結局、1時間ほど探して2つ。

 

何となくネットサーフィン的に
手あたり次第でチャンネルを見回るのは
効率が悪いと感じたので、

思いついたキーワードをとにかく書き出して
見たほうが良いかもしれません。

 

とにかくモデルとなるチャンネルを
探すのが当面の課題となりそうです。