Youtube実践日記

【Youtube実践記】6日目 継続して動画作成するために行ったこと

こんにちは!NAOKIです。

 

この実践記は、
過去にメモしておいた日記を元に作っています。

今回は6日目となっていますが、
約5か月前の日記となります。

今現在は(2018年5月14日)、
Youtubeの審査基準を満たし、
承認待ちの状態です。

 

Youtubeを始めたのは、
2017年12月中旬からですが、
12月下旬にはその時の審査基準である
視聴回数10,000回をクリアして
審査待ちにまで行くことが出来ました。

 

有馬記念関係の動画1本がその後もアクセスを
集めてくれたおかげです。

 

が、しかし、
1月になっても2月になっても一向に審査が
下りませんでした。

 

で、そんな中、
Youtube側から審査の新基準が発表。。。

 

皆さんご存知の通り、
再生時間4000時間と登録者数1000人の壁です。

 

そんなのあり?って感じ、
まさに青天の霹靂でしたが、
1年間は粛々と毎日動画をアップし続けようと誓ったので、
何とか5か月たった今でも継続しています。

 

動画作成を継続するために必要な事

開始から150日過ぎましたが、
動画をアップしなかった日は、3日しかありませんでした。

 

もともと飽きっぽく、
誘惑にもすぐ負けるような性格の僕が、
しかも収益もなく、ただ働きの状態なのに
続けてこられたのは、いくつか理由があります。

 

一つは、
まずは1年毎日動画をアップするという目標を立てたこと。

でも飽きっぽい性格なので、
1年ではなく1か月間という短いスパンに
修正した事かと思います。

お正月で家族行事で出かけたり、
仕事帰りが遅くなりやる気が出なかったり、
飲み会があったり、

くじけそうな理由はたくさんありましたが、
この時はいかなる理由であれ、
最低1本は動画をアップしました。

 

そして、
最初の30日間続けることが出来たら
動画を作らないことが気持ち悪くなり、
次の30日間も割と簡単に継続する事が出来ました。

 

毎日動画のネタを考えるのがすご~く大変でしたが、
良い話題がない場合でも、
アクセス集められないなあとの予感がしても、
どんなネタであれアップする、
こんな気持ちでいたことも良かったのかもしれません。

 

一言でいえば、
「習慣化」ですが、
習慣化させるための仕組みづくりが
大事なのかもしれませんね。

 

魔の3か月目

僕にとって問題だったのは、
3か月目以降です。

 

ダイエットでも、ブログ作成でも(2015年に無料ブログを少しやっていたことがありました)、
3か月過ぎるとやる気がなくなると言うか、
冷めてしまう状態になってしまうのです。

僕にとって、
本当に習慣化できた、と言えるのは
この魔の3か月目以降を克服した時だとも言えます。

 

 

こういう状態になるのは
初めから分かってはいましたが、
実際に3か月経つ頃にやはり脱力感が来て
やる気がなくなってくるのが分かりました。

 

そこで今回は対策を練って実践してみました。

 

それはマインドセットです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長くなってしまったので
続きは次回の記事でアップさせていただきます。