Top buzzVideo 実践記

【収益公開】Top Buzz Videoは稼げない?2018年5月から2週間実践してみた結果

こんにちは!NAOKIです。

サラリーマンしながら副業をしている40代のおじさんです。

 

今回は、今話題のTop Buzz Video(今は名称変更してBuzz Video)を
実践してみました。

 

Youtubeで動画を今まで200本上げてきたので、
同じような動画投稿サイトである、
Buzz Videoでも簡単に出来るんじゃないかと思ったのがきっかけです。

 

それに、相変わらずyoutubeの審査が下りない(4か月待ち・・・)
状況が続いているんで、
Buzz Videoが即収入になると聞いたのが大きいかもしれません。

 

 

Buzz Videoは稼げない?

始める前に色々なサイトで調べてみましたが、
稼げないという意見を多く目にしました。

 

一日動画を100本上げても、何百円にしかならない

再生回数が操作されているのでは?

日に日に再生回数が落ちていく

アカウント毎に(動画の種類?)広告単価が変更させられる?

 

などなど、やる気をなくしてしまうようなことばかりが目立って
いましたが、とりあえず少しでも稼げればいいかなという気持ちで
始めてみました。

 

2週間やってみた収益は?

早速、2週間やってみての収益を公開します。

■展示回数、クリック数(広告)

■収益

結果は、51,597円
これは思ってた以上の高収益でした。

一日当たりは3,439円だったので、片手間にやる副業としては
今のところ割に合うのかなと思います。

 

毎日の作業時間は約1時間~1時間半で、
1日の動画本数は20~40本でやってみました。

 

動画の内容は最初のうちはバラバラでしたが、
途中からジャンルを絞って一極集中しました。

その結果、1週間たったあたりから
1日3000円以上をコンスタントに稼げることが出来ました。

 

ただ、広告単価は0.024円
たぶん一番低い単価です・・・。

 

再生回数が稼げるジャンルだけど、その分単価が低いため
色々なサイトでは、単価が高いオリジナルの動画(例えばスマホで撮影した動画)
を推奨はしていましたが、そんな時間もかけられないので、
手っとり早く数も豊富な所を狙っていく戦法にしました。

 

狙ったジャンルは・・・

Buzz Videoをスマホで開いてみると、上のほうにジャンルが表示されます。

トップ、GIF、裏技、面白、エンタメ、癒され、スポーツ、クルマ、ゲーム、グルメ、音楽

この表示ジャンルに沿った動画を特化していくのが、広告単価も上げつつ
収益を安定的に稼ぎ出す方法のようです。

 

しかし、僕は全くこれを無視して美女やちょいエロ系を選択しました。

 

単価が低いのは承知していましたが、
Buzz Videoを見ている視聴者層は30代~50代のおっさんが圧倒的
という事が分かっていたので、
ゲスイ内容のほうがとにかく数字を稼げるのではないかと思ったからです。

 

しかも自分も楽しめるので、早起きしての作業も苦になりませんでした(^^

 

たった2週間でBuzz Videoが稼げる優良サイトと判断するのは
まだ早いですが、動画アップするにあたっていくつか気付いた点があるので
次にまとめたいと思います。

 

Buzz Videoで気付いたこと

動画投稿サイトでも、Youtubeとは仕組みが違うので
やっていて気づいて点いついて挙げてみます。

ただ、まだ2週間での検証なので正確ではないかもしれませんが
この辺は大目に見ていただければと・・・。

 

①1日の動画アップ数

別のサイトで1日100本上げても、再生回数は減るばかりとあったので
僕の場合は1日20~多くても40本にするようにしました。

 

Youtubeの場合、投稿したばかりでは再生回数は伸びずに
後から爆発するケースが多いのですが、
Buzz Videoは、動画の内容が面白ければ(厳密には視聴されれば)
すぐに爆発を引き起こしてくれます。

ただ、後から爆発もたまにあります。

 

この辺の仕組みはまだ理解できない所が多いのですが、
1日100本みたいに一気に大量投下するより、
毎日継続的に上げていくほうが、優先されているような気がします。

 

②いかにして見てもらうかが鍵

Youtubeの場合は、検索キーワードや関連キーワードなどタイトルや視聴者維持率などで
表示順位などに大きな差が出て、結果視聴回数に影響が出ます。

しかし、Buzz Videoはちょっと違います。

 

いかに視聴者が見たくなるタイトル、そしてサムネであるかが重要

 

タイトルに関しては、例えば衝撃系の映像があったとします。
普通は「本当にあった衝撃映像」、「衝撃映像top5」など検索されそうな
キーワードを幾つか盛り込んでタイトルを決めますが、
これでは余程サムネ画像が秀逸でない限り再生されません。

 

だから、衝撃系なら
「まさかの展開にwww」とか
「100万回再生されるわけだ」、
「何度も見ちゃう」
などキーワード関係なしに、思わず見てみたくなるタイトルならなんでもありという感じです。

もちろん、危険ワード(死に関するもの)やヘイトネタ、エロワードはNGで
例え動画の内容が抵触していなくても、
タイトルで審査に通らないケースもバシバシあります。

 

正直言ってタイトルは惹きつけられれば、本当にもう何でもありです。

 

ちょっと嘘が入っているくらいでも、コメントや低評価もバンバン来ますが
視聴回数はめちゃくちゃ稼げます。

 

自分で、あまり面白くない動画だなと思っても
タイトル次第で爆発を引き起こせる、これがBuzz Videoの一番の魅力だと思います。

 

③被る動画はBuzz Videoでは、アクセス激減?

他人と被る動画はパクリと判断されるのか、視聴回数は200くらいで止まってしまうように思います。

これはBuzz VideoがAIで動画の判定をしている、かららしいです。

 

まるパクリだと審査ではねられますが、(Buzz Video内で被るかどうかという事です)
テロップをつけたり、音楽外したり、時間を調整すれば一応はアップできます。

自分も何度も同じ動画で内容を少しづつ変えてアップしてみましたが
爆発するのは1つだけでした。

 

だからいかにして、オリジナル(今まで取り上げられていない動画を含む)を探すのかが
僕にとっては一番の労力となりました。

 

僕の場合は、時間的効率を考えて
トイレの時間や食事中等の空き時間で、
Youtubeやインスタの動画を開いてブックマークしておいて
家ですぐに編集作業が出来る状態というのを繰り返しています。

 

結論として

Buzz Videoは稼げる!これは確かだと思います。

 

ただ、

オリジナル動画を探す労力は大事
動画編集は絶対できたほうが良い
毎日継続的に上げていくべき

この3点は欠かすことが出来ません。

 

僕はYoutubeで動画をアップしているので
編集的なことは出来る環境であったので問題になりませんでしたが、
全く何もしたことがない人には厳しいかもしれません。

ただ、動画編集の時間は長くても5分、平均で2,3分で出来るので
学んでおくことをお勧めします。

 

スマホで自撮りして動画を投稿するのが問題ない人は
それでよいと思います。

単価も高いようなので、本来はそれが王道なのかもしれません。

 

Buzz Videoはまだまだ新しいサイトなので
今後規定が変わること、サイト自体がなくなる可能性がある事、
など不安定な要素がたくさんあると思います。

 

なので、あくまでもYoutube動画作成の片手間で出来る
小銭稼ぎという感覚でやっていくのが良いのかなと思います。