Youtube実践日記

【YouTube実践】チャンネル登録者数を1か月で1000人達成した戦略とは?【YouTube初心者向け】

こんにちは、顔出し無しでYouTubeで副業を実践しているナオキです。

YouTubeで副業を始めたけれども登録者1000人の壁が高すぎる、と
思っている方も多いのではないのでしょうか?

初めてYouTubeに挑戦すれば誰もがぶつかる問題ですが、
きちんと戦略を立てれば、実はそう難しくはありません。

今回は、
・時間も無い
・お金もない
・スキルもない

こんな会社員の私が、
いかにしてチャンネル開設1か月で登録者1000人を突破したのか、
その戦略をお話したいと思います。

 

 

YouTubeに顔出しが出来て、
特別な趣味や能力がある方はこの記事は役に立たないかと思います。

私のように顔出しすることも、
特別な趣味やスキルも持っていない方に向けて発信しています。

 

私と同じように人生を変えたいと思っている人に、
少しでも役立てたら嬉しいです。

最短でYouTube登録者数1000人突破の戦略 その1

ジャンル選定

別の記事でも紹介していますが、
YouTubeで最短で結果を出し収益をあげるには
ジャンル選定が最も重要となります。

 

私は1か月で1000人の登録者を突破したチャンネルを運営する前に、
幾つものチャンネルを作っては失敗してきました。

 

いくらやっても登録者数も再生回数も増えない。。。

 

YouTubeって難しい、
満足できる動画が出来ても見られなければ全て無駄、

頭の中がマイナス思考のサイクルに陥る毎日。

そんな絶望の中で藁をもすがる思いで、
実績を上げている有名人に教えを請いに直接会いに行きました。

 

すると返ってきたのは、

ジャンル選定、これだけしっかりリサーチしてください」の一言でした。

 

その方はYouTube(顔出し無し)で月収400万円ほど稼ぐ、業界では有名な方。

 

どんなテクニックを教えてもらえるかと期待していたので
「ジャンル選定だけ」と言われたときは拍子抜けしてしまいました。

が、失敗するのにも理由があると思い、
とにかく言われたことだけひたすらやるしかないと思い、
ジャンル選定のためのリサーチに没頭しました。

 

ではどのような方法でジャンルを選定しているのか、
月収400万円以上の実績者の方も実践している方法をお伝えします。

 

稼げるジャンルのリサーチ方法

ジャンル選定するのは難しいことは何もありません。
が、ここで躓く方が多いのも事実です。

まずは成功者の方を真似することから始めてみる事をお勧めします。
ではどのような方法を行っているのか?見ていきます。

 

ジャンル選定 STEP1

まず「稼げるジャンル」を探すうえで指標とするチャンネルは、

ここ半年以内で登録者が3000人突破しているチャンネル

とします。

 

そしてもちろん、
広告が付いている動画がある(収益化されたチャンネルである)ことです。

 

ポイントは半年以内です。

 

何年もかけて登録者1万人よりも、
直近で伸びているチャンネルが市場性を表しているので重視します。

 

ジャンル選定 STEP2

半年以内で登録者数3000人を稼げるジャンルの定義にした後は、
ただひたすらリサーチ作業に徹します。

 

リサーチする方法は、
・急上昇ランクの動画をチェックする
・YouTubeの検索窓にキーワードを入れる

などをして色々なチャンネルを見ていきます。

 

急上昇ランクを見てみると、
ほとんどエンタメ系のユーチューバー達で埋まっていますが、
その中でもたまに顔出ししていない動画も出てきます。

そこから動画とチャンネルを調べて
運営開始日
動画アップ本数
登録者数
などデータを見ていきます。

運営開始日は、そのチャンネルの概要欄に記載されています。

 

ただ、急上昇ランクに載るのは
登録者数10万人以上のパワーがあるチャンネルがほとんどです。
ですが、参考にならないということはありません。

その動画の右側に出てくる関連動画をリサーチすることで
お宝チャンネルを発見することができる時があります。

 

他には、
検索窓で気になるキーワードを入れて、
フィルターでチャンネルを選択すれば
そのキーワードに関するチャンネルを表示させる方法があります。

 

 

例えば、スカッとする話系の動画が最近伸びていると思ったら
検索窓にキーワードを入れチャンネルでフィルターをかければ
チャンネルが一斉に出てきます。

 

 

そこから登録者3000人(前後でももちろんok)のチャンネルをクリックし、
概要欄で運営開始日
動画本数
を確認します。

 

動画本数を見るのは、

・毎日動画をアップしているのか?
・動画本数に対しての登録者数の費用対効果は?

を調べるためにあります。

 

いくら半年で3000人の登録者が付いたチャンネルでも
毎日3本以上の動画をアップしていたりするのではこちらの労力が追いつきません。

ですので私の目安は週に3本~7本にしています。

 

私は、空いている時間があればほほリサーチの時間に充てています。
思い付いたキーワードがあれば、
とりあえず検索してみてチャンネルを見回す。

 

これを繰り返していれば、必ず熱いジャンルを掘り当てることが出来ます。
1週間で見つかることもあれば半年かかることもあります。

 

また、このリサーチの過程でアイデアを思いついたり、
今は出来ないけどいつかは挑戦してみたいジャンルも見つかります。

 

その為にもリサーチの時間を無駄にすることなく活用するのに
エクセルでデータ管理などするのをお勧めします。

 

最短でYouTube登録者1000人突破の戦略その2

次に立てる戦略はジャンル選定後に考えるべきものになります。

それは関連動画対策です。

 

どのYouTube攻略のサイトでも関連動画の重要性を挙げています。
それだけ関連動画は大事です。

 

これは、言い換えれば
YouTubeのAIがどのようなものなのか理解することともいえます。

 

YouTubeのAIを考慮した戦略の核が関連動画だと思ってください。

 

関連動画に載せるのに効果的だった方法

チャンネル開設当初は再生回数が思うように伸びません。

1日5回再生とか当たり前で、
いくら頑張って作った動画でも再生されないと心が折れそうになります。

でも安心してください。
チャンネルが強くなればいつの日かバズる、
ことが起こるのがYouTubeです。

 

作った動画が資産になるのがYouTubeの魅力でもあります。

 

1年後にいきなり10万再生を記録したとこはざらになるので、
資産作りにと考えながら質の高い動画制作を心がけていただければと思います。

 

 

YouTube関連動画対策① タイトル付け

これは有名な手法ですが、
既にバズっている動画のタイトルに寄せることは定番中の定番と言えます。

 

タイトルの参考にするのは、
同じジャンルの動画が最も効果的です。

 

私の行ったジャンルの動画では、一時期「理不尽」というワードが強かった
(ダウンタウンの理不尽シリーズから)ので、
タイトルを理不尽を入れて組み立てました。

 

すると今まで1日の再生回数が500~1000くらいの動画が、
5000越えをするようになりました。

 

ブログでもYouTubeでも成功しているイケハヤさんは、
この戦法を「コバンザメ戦法」と話されていましたが、
まさしくその通りだと思います。

 

もちろん、これを行うだけで必ず関連動画に載るということはありませんが、
上手くYouTubeのAIにハマればチャンネルが弱くても爆発しますので、
意識的にタイトルをつけていくことは非常に大事な戦略だといえます。

 

YouTube関連動画対策② 予測タイトル

 

今まで最も効果的だったのは、

未来を予測してタイトルをつける

ことでした。

 

ブログをされている方ならピンとくる方が多いかと思います。

これは、確実にバズるであろうキーワードをタイトルに入れること、
つまり未来予測をしてタイトルを考えるということになります。

 

実際の例を取って説明します。

私が注目したのは、ある年末のテレビ特番。

毎年放映している特番ではありませんでしたが、
人気番組のスピンオフ企画でしたので必ず視聴率が良いだろうと予測。

また、自分のチャンネルにも方向性が似ていたので、
キーワードさえ間違わなければ必ずバズってくれると確信がありました。

動画1本では不安だったので、同じような内容のものを3つ準備し、
テレビの放映日に合わせてYouTubeにアップ。

結果は、

・平均再生回数が大幅アップ(平均500再生が3万~5万再生に)
・1日の登録者数が一気に487人

という結果を収めることが出来ました。

 

この体験を元に季節の節目の特番などはチェックするようになり、
その後もいくつか爆発を意図的に起こせるようになりました。

テレビ番組だけではなく、
・季節のイベント
・トレンドワード
などを日頃チェックしていると良いでしょう。

 

まとめ

YouTube登録者数を1か月で1000人突破させるには、

・ジャンル選定
・関連動画対策としてのタイトル付け

が大事だとお伝えしました。

 

まずは、行動してみてください。

ネット上に出ている情報だけではなく、
自分の頭で考え実践してきたことが何よりも財産になります。
全てに無駄はありません。

 

皆さんの成功をお祈りしています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

もし疑問に思うことや、聞いてみたいことがあればお気軽にコメントでお寄せください。