Youtube実践日記

YouTube初心者で稼げない人の3つの特徴

こんにちは、会社員ユーチューバーのナオキです。

ユーチューバーと言っても、
副業禁止の会社に勤めているので顔出ししないで
エンタメ系やキャンプ系のチャンネルを作って収入を得ています。

失敗の連続でしたが、成功するまで諦めないと誓いを立てたのが良かったのか
今では本業よりも収入が多くなり、独立に向けてビジネスを横に展開中です。

 

YouTubeを始めてから2年経ち、
多くの人たちと関わる事が出来ましたが、
ほとんどの人がYouTubeで稼ぐことなく、去っていきました。

私が特別能力が高いからお金を稼げるようになった、
という事は全くありません。

むしろ、飲み込みも能力も人より劣っていると感じながら生きてきた人間です。

 

そんな私が感じた、
YouTubeで失敗する人の特徴について3つお話させていただきます。

これからYouTubeを始めようと思っている方や
今まさに始めている方で悩んでいる方に届けば嬉しいです。

 

YouTubeで稼げない人の特徴① 数を打っていない!

YouTubeビジネスの初心者の方からよくあるのが
再生回数とチャンネル登録者が全く伸びませんという相談です。

理由はそれぞれありますが、
やはり圧倒的に多いのが動画の本数の少なさです。

ほとんどの方は20本から多くて50本くらいで
YouTubeは稼げない、と判断しています。

 

50本で稼げるのはごく稀です。
たまたまヒットしたからかもしれません。

まずは最低100本作ってみてください。
最低100本です。100本作れば、動画編集力も格段にアップしますし、
どんな動画やジャンル、そしてタイトルが当たるのか何となくでも見えてきます。

 

 

上記のグラフは私の初めてのYouTubeチャンネルのものです。
今は、チャンネルは閉鎖していますが、動画100本目に行く少し手前で
再生回数が急激に伸びていることが分かります。

チャンネル開設した12月11日から翌年の1月29日までに100本動画をアップしています。1日当たり1~3本の動画作成です。

 

とにかく毎日動画を作ってアップする事だけは
何が何でも守り通しました。(もう後がない状況だったのでやるしかなかったのですが)

動画の出来は別にして、3か月間だけ毎日やろうと決めました。
長い人生の中でたった3か月と考えれば難しくはありません。

 

再生回数もチャンネル登録者数も増えなくても、毎日作ってアップする。
勤務時間での空き時間、移動時間は常にYouTubeの事を考えたり
方法論や戦略など動画で勉強していました。

 

間違ってはいけないのは、
ただ闇雲に100本作るだけでは駄目だという事です。

 

初期の頃は色んな動画を作ってみて反応をとることが重要です。
そして、反応が良い動画が出たら、分析して同じ方向性の動画を立て続けに作って、
また検証していく、これを繰り返します。

 

上のチャンネルでは100本作るまでは紆余曲折がありました。
下記ご参考ください。

私が一番初めに作った動画は面白系のチャンネルでした。
色々なサイトから面白動画を寄せ集めて、
テロップを入れたものを作っていました。

何十本と作っても再生回数は良くて3桁。

後で気づきましたが、この面白系はチャンネルが飽和していて
初心者が手を出してもなかなか敵わない分野でした。

 

そこで次のジャンルに選んだのが芸能関係のゴシップネタ。

 

再生回数はそこそこ行きましたが、
芸能関係はチャンネル削除の危険もありまた別のジャンルへ。。。

と、こんな事を繰り返しながら反応があるジャンルを探していました。

 

そしてようやく見つけたのがあるお金の分野

 

これがたまたま当たって1日で再生回数が3000回以上の動画を
連発するような動画のチャンネルが出来、250本ほど動画をアップしていきました。

このように、最初は色々なジャンルの動画を作ってみて反応のあるものに特化していくのが
YouTubeを始めたばかりの方には良いと思います。

100本も作っていけば必ず当たるジャンルを見つけ出すことが出来ますので
まずは、数を打って、検証改善し、継続。

是非やってみてください。

 

YouTubeで稼げない人の特徴② 自分の考えに固執する

YouTubeで失敗する人の特徴②は、自分の考えや信念を貫きすぎて
成功しているチャンネルや動画をリサーチしない人です。

私と同じようにYouTubeを始めた会社員の方がいたのですが、
その人は200,300本と同じ動画を延々と1年間作っていました。

BGMや背景は徐々に改善していましたが、
肝心のジャンルと内容は、1年間ずっと一緒でした。

そのジャンルでは登録者10万人レベルのチャンネルが幾つかあったので
同じようになれると思っていたのではないかと思います。
しかし、どれも動画数は1000以上でチャンネル運営歴も5年以上のモノでしたので
初心者が手を出してはイケないジャンルだったのです。

結局、その方はYouTubeで稼ぐことを諦め去っていきました。

 

ここから痛感したのは、固執しないこと。そして、
YouTubeで成功する一番の近道は、モデリング、つまり真似ること

どんなビジネスでも同じですが、
まずは実績を出している人の真似から始め
自分で実績を出してきてから独自性を加えていくことが成功への最短距離となります。

 

そして市場性があるジャンルかどうかも調べてみてください
ジャンルの調べ方についてはコチラの記事をご参考ください。

 

100本動画を作ると決めても、ずっと同じ動画を作り続けて
いつか俺の動画を評価してくれる日がやってくる!と思っても無駄に終わります。

早く結果を出したいのであれば、
自分の考えに固執せずに、稼げているチャンネルやジャンルをリサーチし
人気のある動画を徹底的に真似てみてください。

・BGMの音量はどのくらいか?
・どんな効果音を使っているのか?
・エンディング画面はどんな感じか?
・オープニングの長さはどのくらいか?
・テロップのフォントの大きさは?
・1週間で何本動画をアップしているのか?
・何時に動画をアップしているのか?

リサーチする内容はいくらでもあります。

そしてこれらのチャンネルをどうすれば超えられるか、
自分なりに検証し実践していく、
これを徹底的に繰り返してみてください。

 

YouTubeで失敗する人の特徴③ 100%を目指す人

YouTubeで失敗する人の3番目の特徴は100%を目指す人です。

例えば、動画のクオリティを100%に近づけないと気が済まなかったり、
100%自分で面白いと感じないと動画を作らなかったりする人たちです。

 

100%を目指すことはもちろん悪い事ではありませんが、
完璧を目指すあまり、作業の手が止まってしまい、前に進めなくなります。

私もこの傾向があり、満足できるものが出来なさそうに感じた瞬間
思考が停止してしまい作業が思うように進まなかった経験が何度となくあります。

 

取り敢えず作ってみる。
自分が面白くないと思った動画程、不思議とヒットしたりするものです。

 

頭で考えて行動するより、行動しながら考えたほうが10倍効率的な作業が出来ます。

迷ったら、悩んだら、とりあえず手を動かしてみる。
行動すればアイデアが生まれることもしばしばですので、
是非、100%を目指す前に行動してみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・まず100本作ってからYouTubeを語る事
・人気チャンネルの動画を真似る
・常にリサーチと改善
・とにかく色々試してみる
・100%を目指さず、とりあえず行動する

どれも特別なスキルや能力が必要な事ではありません。
誰でも可能な事ばかりです。

正しい道を進めば必ずYouTubeでは稼げます。
信じて実践行動してみてください。

 

ご感想やご意見お待ちしています。
私でアドバイスできることがあれば何でもお伝えしますので
是非よろしくお願いいたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。