Youtube実践日記

YouTube副業はジャンル選定で全てが決まる!会社員でも稼げた具体的方法とは?

こんにちは!会社員ユーチューバーのナオキです。

と言っても顔出しは全くしていません。
副業禁止の会社なので出すことが出来ないのです。。。

しかし、顔出ししなくてもYouTubeは稼げます。
サラリーマンの月収くらい稼ぐのは、難しくありません。

 

でも挫折する人が多い。

とにかく始めてみたけど、全然儲からないから諦めてしまいます。

 

原因の多くはジャンル選定が甘い、
市場性が閑散としている所に飛び込んでいってしまっている事だと感じます。
(もしくは激戦区に武器を持たずに突っ込んでいる)

 

そこで今回は稼げるジャンル選定の方法についてお話します。

この記事をご覧いただければ、

・ジャンル選定の方法
・労力に対しての費用対効果

について理解が出来るようになります。

 

実践1.YouTubeのジャンル選定

まず、チャンネルを作るにあたりどのジャンルにするか?
これを決めるには入念なリサーチが必要です。

リサーチとは、ざっくりいうと、
今現在YouTubeで伸びている動画やチャンネルを調べることで、

ここ3ヶ月から半年以内で伸びているものを探します。

 

具体的な登録者数は3000人~5000人を目安にしていきます。

 

そしてその動画のチャンネルに対して
自分が対抗できる能力があるか、
超えられるかを基準
にそのジャンルに参入するかどうか決めていきます。

 

対抗できるかどうかというのは、
動画編集できるレベルにあるかどうかの判断という意味です。

 

リサーチは言葉にすれば簡単に思えますが、
これは圧倒的な量と時間が必要です。

 

ですので、一朝一夕に見つけ出せるものではなく
如何なる時でもリサーチすることが必要になります。

 

リサーチ結果はエクセルで記録しておきます。

リサーチの内容例

・動画のタイトル
・どんなタグを貼っているのか
・動画の本数
・登録者数
・登録率(総再生時間÷登録者数)

などをメモしていきます。

最低でも100個シートを埋めてみてください。
きっとあなたにとって最適なジャンルが見えてくるはずです。

ここは頑張るしかないです。
楽して稼げるものはありません。
絶対に時間をかけてください。

登録率とは?

エクセルで記入すべきものとして「登録率」を挙げました。

これは総再生時間を登録者数で割った指数で、
そのチャンネルやジャンルの市場や勢いを示すデータになります。

 

例えばこの数値が100だとすると、
100再生につき1人登録者が付いているということになります。

・1~100   超熱いジャンルor大物ユーチューバー
(マナブさんやイケハヤさんレベル)
・300前後   熱いジャンル(リストに加えるべきジャンル)
・500~1000 まあまあ良いレベル。

と自分の中で分けています。

ユーチューバーの登録率は参考にしなくて構いません。
顔出ししていないチャンネルのみ対象にリサーチしてみてください。

実際行ったYouTubeジャンル選定

このリサーチを一通りやったという前提で、
ジャンル選定の具体的な話をしていきます。

まずジャンル選定の手順として考えるのは、
動画の種類についてです。
具体的には、

・トレンド系(芸能人ネタや時事ネタ)
・高クオリティ動画(ブライトサイドのようなチャンネル)
・撮影系(顔出し無し)

の3つをピックアップしました。

トレンド系

トレンド系(芸能人ネタなど)はツイッターなどから動画を引っ張ってまとめた面白動画系も含めますが、著作権や肖像権の問題もあり審査が通りにくくなっているのでパス。

高クオリティ動画系

では、高クオリティ動画で攻めるか?
編集技術は独学で学んできたけれど、
仕事をしている傍での作業はとてつもなく時間がかかりそう。
外注化なら可能性はあるが、この時点ではお金を作り出せていない、よって却下。

撮影系

ビデオカメラが家にあるので初期投資もかからず、
休みに貯め撮りして仕事から帰宅後に編集作業をすれば十分可能に思える。

本数も稼げるし、高クオリティ動画より簡単で効率が良さそう。

何より楽しそうということで
撮影系に絞り、リサーチしたジャンルの中から
撮影で対応が可能なものを選定することにしました。

 

そのジャンルはアウトドアキャンプ系です。

ジャンル選定はリサーチが最重要ですが、
幾つかピックアップできた選択肢から選ぶ際は、
やはり継続しやすいもの、つまり自分がワクワクし楽しめることが大事です。

私はキャンプもアウトドアの経験も殆どありませんでしたが、、、
新しい趣味になる予感がしたのでやってみる事にしました。

 

ジャンル選定後 チャンネルの差別化

リサーチの結果からジャンルは撮影系で
アウトドア・キャンプに挑戦することに決めましたが、
ライバルを見据えて差別化していかないとチャンネルは伸びません。

ジャンル選定の際に重要な点として

・継続していけるかどうか
・自分でも挑戦できる動画内容なのか?

が大事だとお話ししていますが、
それに加えてライバルチャンネルを超えられそうかどうかの判断が大事になります。

 

動画編集もアウトドアも初心者だった私は、
差別化できる要素がありませんでしたが、
私の友人にキャンプのスペシャリストがいたので
一緒に運営することでこのハードルを超えられると判断しました。

アウトドアキャンプはライバルがウジャウジャいますが、
少し視点を変えた動画にすると、
ほとんどライバルがいなくなるのをリサーチで発見していました。

また、音声があまり必要ないので
海外にも発信でき将来大きく化ける可能性も感じました。

 

動画撮影・YouTube開始 労力と時間は?

チャンネルのジャンルと方向性が決まればあとは行動するのみ。

 

休日に半日山に入り、
3本分の動画を撮影して来るのを3か月ひたすら続けました。

 

動画編集は最初は1本あたり4,5時間も掛かりましたが、
動画編集に必要なもののフォーマットを準備出来てからは
2時間で完了するまでになりました。

 

・休日の半日を使って撮影
・毎晩、会社から帰宅後に動画編集

これを3か月続けて50本の動画をアップすることが出来ました。

 

そしてちょうど3か月目に登録者が1000人を超え、
収益審査に出した1週間後に収益可能に。

今までの苦労が報われたこの瞬間は一生忘れられない経験となりました。

 

1年経過後の収益と労力・時間はどのくらい?

現在このチャンネルは、1週間に動画を1~2本アップしています。

作業時間は週に2~3時間

他の動画も作成しているためあまり時間を割けていないのが実情です。

 

チャンネル開設から1年で登録者数は1万5千人。

毎月の収益は5万円~10万円を行ったり来たりしています。

 

ですので、このチャンネルからの収益は設備や材料費用に全てつぎ込み、
勉強のためのチャンネルと割り切っています。

 

これとは別に、登録者5千人のチャンネルは
月の収益が20万円~50万円をあげています。

 

単純に登録者数で収益が多くなるとは限りません。
この辺の内容についてはまた別の記事で掘り下げていきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジャンル選定の要点

・ジャンル選定の方法は徹底したリサーチが必要
・エクセルを使ってリサーチ結果を記録する
・登録者数と収益の関係と労力

この辺がイメージ出来ていただけたらと思います。

 

YouTubeは私のような40代のおじさんでもチャンスがあります。

若い人たちのエンタメ系の動画ばかりではなく、
教育系など知識欲を刺激するジャンルはものすごい勢いで伸びています。

まだまだ40代以上をターゲットにした動画はライバルが少なく、
チャンスを感じます。

今運営しているチャンネルを全部外注化して、
新たなチャンネル創設が目下の目標です。

 

是非、YouTubeを使って人生をYouTubeで変えましょう!

皆様からのコメントお待ちしています。
疑問に思ったことから不安なことなど何でも構いません。

独りでやるより色々な人の意見アドバイスを聞いてみてくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。