YouTubeノウハウ

【YouTube攻略】サムネイルで弱小チャンネルが再生回数を伸ばす方法【ケーススタディ】

こんにちは!会社員ユーチューバーのナオキです。

YouTubeでの一番の悩みは、
再生回数が伸びない事ではないでしょうか?

伸びない理由は色々あると思いますが、
今回は視聴者にとって動画の入り口であるサムネイルのお話を
させていただきます。

 

多少なりとも絵心とセンスを自負していた私ですが、
初期の頃のサムネイルは子供のお絵かきレベルで酷いモノでした。

 

しかし、YouTubeを学んでいくうちに
いかにサムネイルが重要であるか痛感し
様々なサムネイルを研究し検証を重ねてきました。

 

今回は、サムネイルの良い例、悪い例をケーススタディとして取り上げ
(自作したものではありますが…)
クリックされやすいのはどのようなモノかお伝えできればと思います。

 

YouTubeでサムネイルがなぜ重要なのか?

まずサムネイルの重要性ですが、

サムネイルのクリック率が高いとオススメや関連動画に上がりやすい

と言う点です。

再生回数を伸ばすには、関連動画やオススメ動画にいかにして載せることが出来るか?
弱小チャンネルにとって、一番の近道がサムネイルとも言えます。

 

YouTubeトップ画面で、視聴者が動画を見るまでの判断は

①サムネイルで興味をそそられる
     ↓
②タイトルも確認してみる
     ↓
③動画冒頭部分を覗いて自分の判断の是非を確かめる

ほとんどがこの3つの行動の後に動画を視聴します。

 

視聴者に訴求できるサムネイルのポイントは、

①興味のある問題が提起がされているか?
②視聴者が続きを見たくなるものか?
③デザイン力

この3つとなります。

言葉にするとややこしく感じるかもしれませんが、
難しい事ではありません。

それでは、具体的に見ていきましょう。

 

悪いサムネイルと良いサムネイル ケーススタディ

これからサムネイル作りの参考として、
私が作った(この記事用ですので実際には使用しておりません)ものを例にし、
解説していきます。

文字数が多くて読みにくい

よくあるのが、情報量を詰め込もうとして文字が多くなるケース。

人は情報量が多いと人間の脳は拒否反応を示しやすくなります。
情報量はなるべくコンパクトにまとめるのが
反応の良いサムネイルを作るポイントです。

 

更に色使いも多いのもマイナスポイントです。
目に付きやすいかもしれませんが、
文字を読んで見る気になれませんよね。

 

文字はコンパクトに、問題提起もする

上記のサムネイルを改善するとこのような形になります。

一時期流行った「この後」シリーズですが、
だいぶマシになりましたね。

極力文字数を少なくするのと、
サムネイルで問題提起をし動画内で答え合わせをする
ことを意識して作成してみてください。

良く見かけるのが、
サムネイルで動画の内容を色々伝えたいがために
盛り込み過ぎて、しかも結果まで答えてしまっている場合です。

 

興味をそそる言葉と画像を使うことに
注力して検証してみてください。

 

また、注意する点としてスマホやデスクトップでも、
サムネネイルは小さく表示されるので文字の大きさにも注意が必要です。

一度スマホから目に付くサムネイルをチェックするなどリサーチしてみてください。

 

文字がダサい

これも結構見かけますね。

文字フォントがダサいと、
そのチャンネルの動画全体が質が低い、と誤認される可能性が高くなります。

改善したものと見比べてみましょう。

文字が見やすくセンスが良い

文字の大きさを変えている部分もありますが、
文字エフェクトやフォントを変えるだけで見違えるモノになりましたね。

 

YouTubeを始めて間もない頃は、
扱えるソフトの性能や扱い方を理解していないので
どうしても完成度が低い文字になりがちですが、

ここでもやはり人気チャンネルのサムネイルを分析し、

・どんなフォントが使われているのか?
・文字にどんなエフェクトがかけられているのか?

をリサーチし、自身のサムネイルソフトで作成が可能かどうかも見てください。

 

フォントは「フリーフォント」や「フォント 無料」で検索すると
無料でダウンロードできる情報が沢山出てきますので確認してください。

文字エフェクトに関しては、使用しているソフトによって性能にバラツキがありますのでなるべく性能の高いモノを選ぶようにしてください。

 

インパクトのある画像

これは他の方のチャンネルのサムネイル画像ですが、
インパクトのある画像の場合は、文字は入れずにシンプルに仕上げた良い例です。

なかなかインパクトのある画像は難しいので
もし手に入ったなら試してみるのも良いかもしれません。

 

しかし、視聴者を釣るようなサムネイルは厳禁です。

クリック率は高くなりますが、動画を見始めて直ぐ離脱してしまうので
視聴維持率が低下し評価が低いとYouTubeから判断されてしまいます。

 

他と差別化できている

これも他の方のサムネイルですが、個人的に「上手いな」と思ったものです。

この動画は最近流行っている「意味が分かると怖いシリーズ」ですが、
他の動画と色合いやタイトルが一線を画していて、
視聴回数が200万回以上再生されている大ヒット作です。

ライバルチャンネルのサムネイルを見ていただくと
このジャンルのサムネイルの傾向が分かりますが、
全く異色のものとなっていることが分かります。

 

ライバルと差別化するためにも
やはりサムネイルづくりもリサーチが超重要ですので参考にしてください。

どうするか?モデリングする

人気ユーチューバーのは参考にしない。
サムネイルでその人の顔が出れば良いだけだから。

弱小チャンネルで再生回数が上がっているものを調べる。

 

サムネイルが評価されているか調べる方法

最後に自分のサムネイルがどのくらい評価されているのか調べる方法をお伝えします。

これを調べることで視聴者の反応をリアルタイムで把握でき、
良いサムネイルかどうかの判断基準になり改善策をとれるようになります。

 

インプレッションとCTR(クリック率)について知る

サムネイルが評価されているかどうかの指標が
インプレッションとCTRです。

●インプレッションとは、動画のサムネイルが YouTube のユーザーに表示され
るたびに1回カウントされる指標。
●クリック率はインプレッションからクリックされた割合。

 

つまりインプレッションは視聴者が

・YouTubeトップ画面
・「急上昇動画」や「後で見る」「履歴」などの画面
・再生リスト

など開いたときに表示された回数を示し、
そこからクリックされた数がCTR(クリック率)ということになります。

 

実際のYouTubeのアナリティクス画面は以下のように表示されます。

クリック率はどのくらいあれば良いのか?

インプレッション数はサムネイルを表示させることですので
これに関しては動画のジャンルや視聴維持率を高めたりしながら関連動画に載せる努力が必要となります。

ですから、サムネイルの評価はクリック率と考えます。

 

では、クリック率はどのくらいあれば良いのか?

 

これは動画のジャンルにもよりますので一概には言えませんが
私が運営している顔出し無しのエンタメアニメ系チャンネルでは、
8%以上を指標としています。

 

経験上13%以上はかなり反応があるサムネイルで
逆に5%以下は反応が無いと判断しています。

 

いかがでしたでしょうか?

反応のあるサムネイルの作り方を良い例、悪い例を見ていきましたが
まずはご自身が反応したサムネイルを集めて真似して(モデリング)見てください。

 

そして動画毎にインプレッションとクリック率を見ていき
改善また改善と精度を上げていけば、
すぐに反応がとれるサムネイルを作成できるようになります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。